道の駅 坂本|熊本県の道の駅


道の駅 坂本

周囲の観光情報

八代城跡

八代城跡(やつしろじょうあと)

[史跡]
1. 八代城と八代宮の歴史  元和元年(1615年)に一国一城令が出され、肥後国は熊本城と麦島城の一国二城体制が特別に認められていました。しかし、同5年の大地震によって、麦島城は崩壊しました。熊本藩主の加藤忠広(かとうただひろ)は幕府の許可を得て、城代(じょうだい)の加藤正方(かとうまさかた)に命じて徳渕(とくぶち)の津(つ)北側に城を再建し、同8年(1622年)に竣工(しゅんこう)しました。これが、現在の八代城で、明治維新まで肥後国の一国二城体制が続くこととなりました。 寛永(かんえい)9年(1632年)、加藤氏が改易(かいえき)されると、豊前(ぶぜん)小倉藩主の細川忠利(ほそかわただとし)が熊本藩主となり、忠利の父・細川忠興(ほそかわただおき=三斎【さんさい】)と四男立孝(たつたか)が八代城に入城しました。忠興は八代城の整備を行い、北の丸の隠居所(いんきょじょ)には名木臥龍梅(がりょうばい)を植え、茶庭(ちゃてい)を設けました。正保(しょうほう)2年(1645年)閏(うるう)5月に立孝は若くして没し、忠興も同年12月に没してしまいました。藩主細川光尚(みつなお)は、八代城を細川家の筆頭家老でかつ将軍直臣(じきしん)の身分も持つ松井興長(まついおきなが)に預けました。これ以後、二代寄之(よりゆき)・三代直之(なおゆき)と代々松井氏が八代城を治め、八代の発展に尽くしました。  明治3年(1870年)に八代城は廃城となり、同13年に八代町民の願いが叶い、南北朝時代の後醍醐(ごだいご)天皇の皇子懐良(かねよし【かねなが】)親王顕彰(けんしょう)のために本丸に八代宮を設置することとなり、同年官幣中社(かんぺいちゅうしゃ)に列せられることとなりました。同16年に社殿(しゃでん)が落成し、南側石垣部分を開いて参道を設け、翌17年4月に神霊鎮座(しんれいちんざ)の大祭が執行されました。同19年1月には良成(りょうぜい)親王が配祀(はいし)され、現在に至っています。例祭は8月3日です。境内(けいだい)には本殿(ほんでん)を中心として、拝殿(はいでん)や直会殿(なおらいでん)等が設けられています。  八代城は、八代市の中心的な歴史公園として親しまれています。     2. 八代城本丸の構造  本丸の北西隅に外観(がいかん)5層6階(地階部分含む)の大天守(おおてんしゅ)があり、渡り廊下を通して2層2階(地階部分含む)の小天守(こてんしゅ)とつながっていました。  大天守は、寛文(かんぶん)12年(1672年)、落雷によって消失し、その後再建されませんでした。大天守石垣の高さは約12m、本丸石垣の高さは約8mです。  本丸の東側には表舛形門(おもてますがたもん)を設け、高麗門(こうらいもん)と頬当御門(ほほあてごもん)が置かれていました。また、北の丸に至る部分には裏舛形門(うらますがたもん)を設け、廊下橋門(ろうかばしもん)と埋御門(うずみごもん)が置かれていました。石垣の上には月見櫓(つきみやぐら)、宝形櫓(ほうぎょうやぐら)、磨櫓(みがきやぐら)や三階櫓(さんがいやぐら)、舞台櫓(ぶたいやぐら)が、本丸中央には大書院(だいしょいん)が設けられていました。現在、相撲場(すもうじょう)となっている箇所には、かつて能舞台(のうぶたい)が設けられていました。  本丸内には枯山水(かれさんすい)の庭園が設けられており、現在もその一部を見ることができます。また、発掘調査で見つかった八代城時代の井戸が保存されています。
[熊本県八代市]

明言院

明言院(みょうごういん)

[神社・仏閣等]
興善寺町のこの一帯は、飛鳥時代末~平安時代(7世紀後半~12世紀)にかけて栄えた古代寺院のあったところで、発掘調査により、167メートル四方の築地塀の正面に南大門があり、中門を通ると右に三重の塔、左に金堂、中央奥には講堂が建ち並ぶ伽藍配置であったことが確認されています。また、大量の布目瓦(古代瓦)や土師器・須恵器などの土器も出土しています。  このような伽藍配置は、法起寺(奈良県斑鳩町)式と呼ばれ、法隆寺(斑鳩町)とは金堂と塔の位置が逆になります。塔の規模は、境内に残る塔心礎(塔の中心柱の基礎)のほぞ穴の大きさ(直径38センチ・深さ15センチメートル)から三重塔であったと推定されています。  伽藍配置や瓦の文様などは創建年代や工人のルーツを知る手がかりとなりますが、当時の寺院名をはじめ、創建者など詳しいことはわかっていません。  現在、明言院内の収蔵庫に安置されている毘沙門天立像(国指定重要文化財)は、この古代寺院(平安時代末に廃寺)の遺品で、平安時代後期(11世紀末~12世紀初)の作とみられます。本像は、九州に多い樟材を用いた一木造で、高さ146.2センチメートルを測ります。体全体にみなぎる重量感、腰をひねったバランスのよさなど、仏師の彫技の高さがうかがわれ、熊本県の平安彫刻を代表する優れた造形の仏像です。 ’指定名称’’・・・興善寺廃寺跡(こうぜんじはいじあと) ’指定種別’’・・・市指定 ’分類’’・・・史跡(記念物) 指定年月日・・・昭和38年4月20日 時代・・・7世紀後半~12世紀・飛鳥時代末~平安時代
[熊本県八代市]

道の駅 坂本|熊本県の道の駅 周辺MAP

※熊本県内の道の駅のマーカを表示しています。
※マーカをクリックすると、駅名など開きます
坂本の施設 [青:施設あり][灰:施設なし]

ATM
ATM 
ベビーベッド
 ベビーベッド 
レストラン
 レストラン 
軽食・喫茶
 軽食・喫茶 
宿泊施設
 宿泊施設 
温泉施設
 温泉施設 
キャンプ場等
 キャンプ場等 
公園
 公園 
展望台
 展望台 
美術館・博物館
 美術館・博物館 
ガソリンスタンド
 ガソリンスタンド 
EV充電施設
 EV充電施設 
無線LAN
 無線LAN 
シャワー
 シャワー 
体験施設
 体験施設 
観光案内
 観光案内 
身障者トイレ
 身障者トイレ 
ショップ
 ショップ