道の駅 笠岡ベイファーム|岡山県の道の駅

全国道の駅ガイド岡山県の道の駅 > 笠岡ベイファーム


道の駅 笠岡ベイファーム

周囲の観光情報

道通神社

道通神社(どうつうじんじゃ)

[神社・仏閣等]
猿田彦命・応神天皇を祀り、交通安全・開運授福・諸願成就の神社として多くの信者を持つ。特に猿田彦命について西日本一由緒深い神社として遠くからの参拝も多い。元は、村上隆重が笠岡城主であった永禄年間(1560年頃)笠岡道通谷(現伏越地区)に建立され、近郷住民の崇敬社として栄えたが、戦国時代に荒廃し形骸を留めない状況となった。この頃戦乱による荒廃に併せ、飢饉・悪病の蔓延と住民は塗炭の苦しみにあえぎ、占い師に占ってもらったところ「これは道通様の祟りである。」というお告げがあった。そこで、当時から信仰の島であった横島に移して祀ったところ災害・悪疫もなくなったといわれている。 猿田彦命は天孫光臨の際、ヤチマタ(道がいくつにも分岐した交差点)に立って道を照らして道案内をした神といわれ、今日では交通安全・開運授福・船玉の神として崇拝される。 また、道通神社はその名前の示すとおり“道通様の神社”という、もう一つの顔を持つ。“道通様”は首の回りに黄白色の輪のある“トウビョウ”と呼ばれる小さなヘビで、人に憑いたり、祟ったりするものとして恐れられ、これを鎮めるため祀られる。この道通信仰は、中国・四国の瀬戸内海地方にみられる蛇神信仰で、各所に“道通様”が祀られるが、ほとんどがこの横島の道通島の分社といわれ、西日本全域から参拝者を集める総本山的な位置にある。 腹痛、神経痛にご利益があるとか、金運に恵まれるとも言われる。また、受験祈願の参拝者も多い。 社の裏手には信者によって奉納された瓦製の小さな家がたくさんあり、漫画家水木しげる氏によって、蛇の家として全国的に紹介される。
[岡山県笠岡市]

道の駅 笠岡ベイファーム|岡山県の道の駅 周辺MAP

※岡山県内の道の駅のマーカを表示しています。
※マーカをクリックすると、駅名など開きます
笠岡ベイファームの施設 [青:施設あり][灰:施設なし]

ATM
ATM 
ベビーベッド
 ベビーベッド 
レストラン
 レストラン 
軽食・喫茶
 軽食・喫茶 
宿泊施設
 宿泊施設 
温泉施設
 温泉施設 
キャンプ場等
 キャンプ場等 
公園
 公園 
展望台
 展望台 
美術館・博物館
 美術館・博物館 
ガソリンスタンド
 ガソリンスタンド 
EV充電施設
 EV充電施設 
無線LAN
 無線LAN 
シャワー
 シャワー 
体験施設
 体験施設 
観光案内
 観光案内 
身障者トイレ
 身障者トイレ 
ショップ
 ショップ